〜 無料・フリーのソフトも盛り沢山で紹介 〜

PDF Shaper




PDF Shaper とは

スペインのBurnaware社が開発し、フリーで提供しているPDF関連多機能ツールです。
PDFファイルの分割・結合の他、回転、トリミング、ページ削除、パスワード設定、文書データ編集、テキストファイルへの逆変換など、様々な処理が可能です。
フリー版でも十分多機能ですが、有償で、より高機能なPremium版やProfessional版も用意されています。


必要環境

OS:Windows XP/Vista/7/8/10
空き容量:20MB以上


ダウンロード方法

  1. PDF Shaperのホームページに行きます。
  2. トップページが表示されますので、ページの一番上メニューの「DOWNLOAD」をクリックします。
  3. ダウンロードのページが表示されますので、PDF Shaper Free、Premium、Professionalのうち、Free版の下にある「Download」ボタンをクリックしてダウンロードします。




インストール方法

  1. ダウンロードした実行ファイルを、ダブルクリックして実行します。
  2. セットアップ言語選択ダイアログが表示されますので、Englishのまま「OK」をクリックします。
  3. セットアップウィザード開始画面が表示されますので、「Next」をクリックします。
  4. 使用許諾画面が表示されますので、「I accept the agreement」にチェックを入れ、「Next」をクリックします。
  5. インストール先指定画面が表示されますので、特に問題ない限り、そのまま「Next」をクリックします。
  6. スタートメニューのフォルダ指定画面が表示されますので、必要に応じて(スタートメニュー・フォルダーが不要であれば)「Don't create a Start Menu folder」にチェックを入れ、「Next」をクリックします。
  7. 追加オプション指定画面が表示されますので、必要に応じてチェックを付けるor外し、「Next」をクリックします。
  8. インストール準備完了画面が表示されますので、「Install」をクリックします。
  9. 暫くするとウィザード完了画面が表示され、Ad-Awareソフトインストール許可画面が表示されます。 特別必要でない限りはインストールしない方が無難ですので、「Decline」をクリックしてインストールをキャンセルします。
  10. セットアップ完了画面が表示されますので、「Finish」をクリックして完了です。

制約条件


使い方

  1. Windowsのスタートメニューから PDF Shaperを起動します。
  2. PDF Shaperのメニュー画面が表示されますので、メニューの中から実施したいものを選びます。
    メニューの意味は次の通りです。
    1. PDF to TXT(PDFからテキストへの逆変換)、PDF to Image(PDFデータの画像データ化)、Image to PDF(画像データのPDF化)、PDF to RTF(PDFからRTFへの逆変換)
    2. Merge(ファイル結合)、Split(ページ毎分割)、Extract Text(テキストデータ抽出)、Extract Images(画像データ抽出)、Remove Images(画像データ削除)
    3. Rotate Pages(ページ回転)、Crop Pages(トリミング)、Extract Pages(ページ抽出)、Delete Pages(ページ削除)
    4. Encrypt(パスワード設定)、Decrypt(パスワード削除。※パスワード解読機能はありません)、Metadata(文書データ編集)、Sign(電子サイン)
  3. 機能ごとの画面が表示されますが、基本画面構成は共通です。 いずれの機能の場合も、まずは画面左上の「Add」アイコンをクリックします。
  4. ファイル選択ダイアログが表示されますので、対象ファイルを選択し、「開く」をクリックします。
  5. 「File」タブにファイル名がリスト表示されますので、「Option」タブに切り替えて、各機能毎の設定を行います。
  6. 設定が完了したら、画面左上の「Process」アイコンをクリックして実行します。
  7. ファイル保存先フォルダ指定ダイアログや、ファイル名指定ダイアログが表示されますので、指定後、「保存」ボタンをクリックします。
  8. 処理が始まり、暫くすると処理完了画面が表示されますので、画面右上の「×」アイコンをクリックして終了します。

設定項目