〜 無料・フリーのソフトも盛り沢山で紹介 〜

ConcatPDF




ConcatPDFとは

 Microsoft社から、同社製品に対する豊富な知識・経験があり、その能力を幅広いユーザと 共有していると認められたMVPプログラムの中のJ#部門受賞者である氏原 一哉氏が、 フリーで公開している、PDFファイル結合・分割抽出ソフトです。
 ソフトの内部には、Bruno氏、Paulo氏らにより開発されたJAVA用PDF生成ライブラリiTextを、 氏原氏が.NET Frameworkへ移植したiText .NETを使っています。

 図解入りのダウンロード、インストール、使い方は、ConcatPDFのインストールから使い方までのページを参照ください。


必要環境

OS:Windows 7/8/10


ダウンロード方法

  1. SourceForge.netのConcatPDFプロジェクト(旧iText.netプロジェクト)のページに行きます。
  2. メニューの下に表示される「Download」ボタンをクリックしてダウンロードします。




インストール方法

  1. ダウンロードしたファイルを解凍します。
  2. 解凍したファイル群の中のsetupをダブルクリックして実行します。
  3. Select Installation ... と、インストール先と使用者の選択画面が表示されます。 特に問題ない限り、そのまま「Next」をクリックします。
  4. Confirm Installationと、インストール準備完了メッセージが表示されますので「Next」を クリックします。
  5. インストールが開始され、暫くするとInstallation Completeと完了メッセージが表示されます ので「Close」をクリックして完了です。

制約条件


使い方

  1. WindowsのスタートメニューからConcatPDFを起動します。
  2. ConcatPDFの画面が表示されますので、結合・抽出対象のPDFファイルをドラッグ&ドロップします。
  3. PDFファイルリストの中から1つのPDFファイルを選択し、「編集」−「分割」を実行すると、 選択したPDFファイルのページが分解され、1ページ1枚でリスト表示されるようになります。
  4. 同様に、メニューバーの上矢印及び下矢印アイコンを使ってPDFファイルの順番を調整、 バツ印アイコンを使って削除ができます。
  5. 結合の場合は、上記の方法で結合内容を整理した後、「ファイル」−「名前を付けて保存」を実行します。 これで、リストに残った全てを結合したPDFファイルが保存されます。
  6. 抽出の場合は、不要な部分を全てリストから削除し、5項と同様に「ファイル」−「名前を付けて保存」で 保存します。 例えばPDFファイルの1ページだけ抽出したければ、3項の手順でページを分解し、 4項の手順で抽出する以外のページを削除してから保存します。
 図解入りの使い方は、ConcatPDFのインストールから使い方までのページを参照ください


設定項目