〜 無料・フリーのソフトも盛り沢山で紹介 〜

Microsoft Print to PDF




Microsoft Print to PDF とは

 Microsoft Windows10に標準搭載されているPDF変換ソフトです。
従来、WindowsでのPDF変換を実現するには、別途フリーソフトや有償ソフトをインストールする必要がありました。
Windows10では、単純なPDF変換であれば、なにもインストールする必要ありません。
本当に単純なPDF変換しかできず、設定オプションも用紙の縦横及びサイズだけですが、多くの場合は事足りると思います。
なお作成されるPDFファイルは、Acrobat8相当のPDFバージョン1.7です。セキュリティ設定やページ分割を行う際、古いフリーソフトを使っていると対応できませんので、注意が必要です。


必要環境

OS:Windows 10


ダウンロード方法

  1. 不要(Windows10標準)




インストール方法

  1. 不要(Windows10標準)

制約条件


使い方

  1. アプリケーションの「印刷」メニューでプリンタの替わりに「Microsoft Print to PDF」を選択します。
  2. 必要に応じてプリンタの「詳細設定」をクリックし、PDF変換の設定を行います。
  3. PDFファイル保管場所指定ダイアログが表示されますので、フォルダおよびファイル名を指定し、「保存」をクリックすると、PDFファイルが作成されます。


設定項目