〜 無料・フリーのソフトも盛り沢山で紹介 〜

CubePDF Utility




CubePDF Utilityとは

 フリーソフトを中心にPC向けソフトを提供しているキューブソフト社が、フリーでダウンロード提供している、PDFファイルへのセキュリティ設定ソフトです。
セキュリティ設定以外に、文書プロパティの編集も可能です。
32bitの他、64bit版も用意されています。


必要環境

OS:Windows XP/Vista/7
その他:.NET Framework 2.0以上


ダウンロード方法

  1. CubeSoftのホームページに行きます。
  2. トップページが表示されますので、ソフトのリスト中の「CubePDF Utility」をクリックします。
  3. CubePDF Utilityページが表示されますので、「無料ダウンロード」ボタンをクリックして、ダウンロードします。




インストール方法

  1. ダウンロードしたファイルを、ダブルクリックして実行します。
  2. セットアップウィザード画面が表示されますので、「次へ」をクリックします。
  3. 使用許諾画面が表示されますので、内容を確認の上、「同意する」にチェックを入れ「次へ」をクリックします。
  4. インストール先指定画面が表示されますので、特に問題ない限り、そのまま「次へ」をクリックします。
  5. プログラムグループ指定画面が表示されますので、特に問題ない限り、そのまま「次へ」をクリックします。
  6. 追加タスク選択画面が表示されますので、必要に応じてチェックを変更し、「次へ」をクリックします。
  7. CubeToolbarインストール画面が表示されますので、必要に応じて「利用許諾に同意してインストールする」のチェックをはずし、「次へ」をクリックします。
  8. インストール準備完了画面が表示されますので、「インストール」をクリックしします。
  9. セットアップウィザードの完了画面が表示されますので、「完了」をクリックして完了です。

制約条件


使い方

  1. Windowsのスタートメニューから、CubePDF Utilityを起動します。
  2. CubePDF Utilityの画面が表示されますので、パスワードを追加したいPDFファイルをドラッグ&ドロップします。
  3. パスワード設定済みのPDFファイルの場合は、パスワード入力メッセージが表示されますので、現在のパスワードを入力します。
  4. PDFファイルのセキュリティ及び文書プロパティが表示されますので、パスワードやプロパティを設定し、画面右下の「変更」ボタンをクリックします。
  5. ファイル保存ダイアログが表示されますので、保存して完了です。