〜 無料・フリーのソフトも盛り沢山で紹介 〜

Tsubasa Output PDF Virtual Printer




Tsubasa Output PDF Virtual Printerとは

 Primo PDFの日本語版として、JampBuck.7.PDFが開発し、Tsubasa Systemが フリーでダウンロード公開しているPDF変換ソフトです。
以前はTsubasa PDF Printという名前で、様々なサイトでダウンロードできていたのですが、 現在は少なくとも国内では1サイトのみの公開となっています。

 Primo PDFの日本語版ですので、オリジナル(英語版)Primo PDFと同じく、 Ghostscriptというartofcode,LLCのPDF表示・印刷ソフトと、Redmonという Ghostgum Software Pty社のプリンタポートとGhostscript間の仲介ソフトを使用しています。

 なお、本ソフトの公開サイトでは、Primo PDFの日本語パッチのみもフリーで ダウンロードできるようになっています。


必要環境

OS : WindowsME以外の、WindowsXPと相互性のあるOS
空き容量100MB
シングルユーザ(マルチユーザーは動作保証対象外)

ダウンロード方法

  1. Tsubasa Output PDF Virtual Printerの ホームページに行きます。
  2. 画面中央よりやや下にある「製品一覧」の中のTsubasa-TS330Jの文字の隣の 「ダウンロード」をクリックしてダウンロードします。




インストール方法

  1. ダウンロードしたファイルを解凍します。
  2. 解凍した中に一つだけある実行ファイル(s330j)をダブルクリックして実行します。
  3. 暫く待つと表示されるPrimoPDFのWelcome画面では、「Next」をクリックします。
  4. License Agreement(使用許諾)画面では、大きなテキストボックスの下にある 2行のうち、上側の「I agree to ...」を選択して「Next」をクリックします。
  5. Customer Information(ユーザ情報)画面では、User Nameに自分の名前を、 Company Nameに会社名を入力してから「Next」をクリックします。
    両方入力しませんと「Next」が有効になりませんので、例えば個人使用の場合は 会社名の替わりに"*"等を入力します。
  6. Ready to Install the Program画面では、「Install」をクリックします。
  7. インストールを開始するので、暫く待ちます。
  8. 終了確認画面が表示されます。「No」の選択肢がある場合は「No」を、 「Finish」しかない場合は「Finish」をクリックします。
  9. 続いてPrimoPDFの日本語化開始画面が表示されますので、「次へ」をクリックします。
  10. インストール先フォルダの指定画面では、特に必要ない限りフォルダを変更せずに 「次へ」をクリックします。
  11. インストール確認画面が表示されますので、「次へ」をクリックして日本語化を開始します。
  12. 暫くすると「正常終了」と表示されますので、「OK」をクリックします。
  13. パソコンを再起動して、インストール終了です。

制約条件


使い方

  1. アプリケーションの「印刷」メニューでプリンタの替わりに「PrimoPDF」を選択します。
  2. 必要に応じて、選択後に「プロパティ」をクリックしてPDF変換時の設定を行います。
  3. TSUBASA PDF PRINTのウインドウが開きます。
  4. 品質の選択(品質優先/容量優先のいずれか選択)と、PDFファイル保存先の 設定(参照をクリックして設定)を行ってから、「印刷」をクリックします。

※ "DLL Invalid"のエラーが表示されてPDFファイルが作成されない場合は、 レジストリエディタでHKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\AFPL Ghostscript\8.50を削除して下さい。 PrimoPDF v2をアンインストールした後などに、この現象が発生する時があります。

※ 10回程使用すると、ユーザ登録を促す「PrimoPDF Registration」の 画面が表示されます。ESCキーでキャンセルできますが、その後もユーザ登録をするまでは、 10回毎に表示されます。


設定項目