〜 無料・フリーのソフトも盛り沢山で紹介 〜

ConcatPDF




ConcatPDFとは

 Microsoft社から、同社製品に対する豊富な知識・経験があり、その能力を幅広いユーザと 共有していると認められたMVPプログラムの中のJ#部門受賞者である氏原 一哉氏が、 フリーで公開している、PDFファイル結合・分割抽出ソフトです。
 ソフトの内部には、Bruno氏、Paulo氏らにより開発されたJAVA用PDF生成ライブラリiTextを、 氏原氏が.NET Frameworkへ移植したiText .NETを使っています。

 図解入りのダウンロード、インストール、使い方は、ConcatPDFのインストールから使い方までのページを参照ください。


必要環境

OS:Windows 98/ME/NT/2000/XP
.NET Framework 1.1 再頒布可能パッケージ
 (.NET Framework 2.0には対応していません)
Visual J# .NET Version 1.1 再頒布可能パッケージ


ダウンロード方法

  1. SourceForge.netのiText.netプロジェクトのページに行きます。
  2. iText.netのメニュー群の中の「Files」をクリックします。
  3. メニューの下に表示される"Looking for the latest version ?"の後の"Download ConcatPDF x.x.x(x.xMB)をクリックしてダウンロードします。




インストール方法

  1. 必要環境である、.NET Framework 1.1、及びVisual J# .NET Version 1.1の再領布可能 パッケージ(実行環境パッケージ)がインストールされている事を確認します。
    (インストールされているかどうか判らないときは、コントロールパネルのアプリケーションの 追加と削除のリストの中にあるかどうかで確認します)
    もしインストールされていなければ、ダウンロードしたファイルを解凍したファイル群の中の ConcatPDF-readme.txtの必要ソフトの入手先の項を見てソフトを入手及びインストールして 環境を整えておきます。
  2. ダウンロードしたファイルを解凍します。
  3. 解凍したファイル群の中のsetupをダブルクリックして実行します。
  4. .NET Framework 1.1がインストールされている場合は、Welcome to....とインストール開始の メッセージが表示されますので、「Next」をクリックします。
    インストールされていない場合は、This setup requires...と、インストールを促すメッセージが 表示されます。「はい」をクリックすると必要ソフトの入手先ホームページが表示されますので インストールします。
  5. Select Installation ... と、インストール先と使用者の選択画面が表示されます。 特に問題ない限り、そのまま「Next」をクリックします。
  6. Confirm Installationと、インストール準備完了メッセージが表示されますので「Next」を クリックします。
  7. インストールが開始され、暫くするとInstallation Completeと完了メッセージが表示されます ので「Close」をクリックして完了です。

制約条件


使い方

  1. WindowsのスタートメニューからConcatPDFを起動します。
  2. ConcatPDFの画面が表示されますので、結合・抽出対象のPDFファイルをドラッグ&ドロップします。
  3. PDFファイルリストの中から1つのPDFファイルを選択し、「編集」−「分割」を実行すると、 選択したPDFファイルのページが分解され、1ページ1枚でリスト表示されるようになります。
  4. 同様に、メニューバーの上矢印及び下矢印アイコンを使ってPDFファイルの順番を調整、 バツ印アイコンを使って削除ができます。
  5. 結合の場合は、上記の方法で結合内容を整理した後、「ファイル」−「名前を付けて保存」を実行します。 これで、リストに残った全てを結合したPDFファイルが保存されます。
  6. 抽出の場合は、不要な部分を全てリストから削除し、5項と同様に「ファイル」−「名前を付けて保存」で 保存します。 例えばPDFファイルの1ページだけ抽出したければ、3項の手順でページを分解し、 4項の手順で抽出する以外のページを削除してから保存します。
 図解入りの使い方は、ConcatPDFのインストールから使い方までのページを参照ください


設定項目