〜 無料・フリーのソフトも盛り沢山で紹介 〜

JPEGtoPDF




JPEGtoPDF とは

 Jesse Yeager氏が開発し、フリーでダウンロード提供しているJPEGなどの画像ファイル用PDF変換ソフトです。
インストール不要のシンプルな作りになっています。
開発言語はVB.Netの様です。


必要環境

OS:Windows
その他:Microsoft .NET Framework 2.0


ダウンロード方法

  1. Jesse Yeager氏のホームページに行きます。
  2. トップページが表示されますので、ページを少し進めた所にある「JPEGtoPDF」をクリックます。
  3. JPEGtoPDFのページが表示されますので、「Download」アイコンをクリックしてダウンロードします。




インストール方法

  1. ダウンロードしたファイルを、任意のフォルダに解凍するだけです。

制約条件


使い方

  1. 解凍したファイル群の中の実行ファイル"JPEGtoPDF.exe"をダブルクリックして実行します。
  2. JPEGtoPDF の画面が表示されますので、画面左下付近の「Add Files」をクリックします。
  3. ファイル選択ダイアログが表示されますので、PDF化したい画像ファイルを指定し、「開く」をクリックします。複数ファイルを選択可能です。
  4. 画面左に画像ファイルがリスト登録されますので、必要に応じて、リストされたファイル名を選択&画面左下付近の「Move Sel UP」「Move Sel Down」で順序を調整します。
  5. 画面右の「Output PDF Files」項の「Output Path」で出力ファイルのフォルダを指定します。 複数画像を1つのPDFファイルにまとめる場合は「Single PDF File named」にチェックを入れて、その右隣にファイル名を入力します。 1画像毎にPDFファイルを分ける場合は、「Multiple PDF Files」にチェックを入れます。
  6. 必要に応じて、画面右の「Page Size Settings」(ページのサイズ)、「Margines」(余白)、「Image Position」(ページ内の画像位置)を設定します。
  7. 設定が完了したら、画面右下の「Save PDF」をクリックすると、PDFファイルが作成されます。

設定項目