〜 無料・フリーのソフトも盛り沢山で紹介 〜

iTextFront




iTextFrontとは

 Microsoft社から、同社製品に対する豊富な知識・経験があり、その能力を幅広いユーザと 共有していると認められたMVPプログラムの中のJ#部門受賞者である氏原 一哉氏が、 フリーで公開している、PDF変換・結合・抽出ソフトです。
PDF変換は、画像ファイルとテキストファイルの変換に限定されますが、既存PDFファイルの 結合、抽出、暗号化、背景色変更、透かし追加も出来ます。

 氏原氏のホームページ内のiTextFrontのページに よると、本ソフトは現在全くメンテナンスをしておらず、数々のバグを修正する予定が無い為、 ConcatPDF を使って欲しいようです。
ただし、ConcatPDFはPDFファイルの結合、抽出、暗号化等はできますが、PDF変換機能は持って いません。

 内部的に、JavaのPDFライブラリである、Experimental iText (version itext-paulo-101)を 利用していますので、iTextのフロントエンドという意味で、iTextFrontと名付けられた様です。


必要環境

OS:Windows 95/98/ME/NT/2000/XP
Microsoft VM
Windows Installer 2.0


ダウンロード方法

  1. Vectorの iTextFrontのダウンロードページに行きます。
  2. 画面中央やや右寄りにある「ダウンロード」をクリックします。
  3. 表示されるVアップ通知サービスの内容を確認の上、同サービスが必要であれば 「Vアップ通知に登録する」、不要であれば「いまは登録しない」をクリックし、ダウンロードします。




インストール方法

  1. ダウンロードしたファイルを解凍します。
  2. 解凍した中にある、インストール実行ファイル(MSIファイル)をダブルクリックして実行します。
  3. Welcome...とインストール開始のメッセージが表示されますので、「Next」をクリックします。
  4. Select Installation Folder(インストール先フォルダ)画面では、特に問題ない限り、そのまま「Next」をクリックします。
  5. Confirm Installation(インストール確認)画面では、「Next」をクリックします。
  6. インストールが始まります。
  7. 暫くすると、Installation Complete画面が出ますので、「Close」をクリックして終了します。 デスクトップには、iTextFrontのショートカットが出来ています。

制約条件


使い方

  1. Windowsのスタートメニュー、もしくはデスクトップのショートカットから、iTextFrontを起動します。
  2. メニューバーの「File」−「Add」を選択します。
  3. ファイル選択ダイアログが表示されますので、変換したいテキストファイルや画像ファイルを選択します。
  4. 必要に応じて、「File」「Form」メニューからPDF変換時の設定を行います。
  5. メニューバーの「File」−「Save as」を選択します。
  6. ファイル保存ダイアログが表示されますので、作成するPDFファイルの保存場所とファイル名を指定して完了です。

設定項目