〜 無料・フリーのソフトも盛り沢山で紹介 〜

PDFCreator(pdfforge)




PDFCreatorとは

 Philip Chinery氏とFrank Heindorfer氏がオープンソース・プロジェクトとして開発し、 フリーでダウンロード提供しているPDF変換ソフトです。フリーではありますが、寄付は歓迎 しています。
内部でGhostScriptを使用しておりますが、GhostScriptのAFPL版を使ったものと GPL版を使ったものの2種類が提供されています。

 オープンソースプロジェクトですので、インストールファイルだけでなくソースリストも 公開していますので、ユーザが独自に改良を加えることもできます。

 なお、GhosthungerさんのPDF Creatorと名称が同一ですが、双方全く関係ないと思われます。


必要環境

OS:Windows 95/98/NT/2000/XP/Vista/7


ダウンロード方法

  1. pdfforgeのホームページに行きます。
  2. 左側のMain Menuの中のPDFCreatorをクリックします。
  3. 新たに表示されたPDFCreatorの子メニューの中の、Downloadをクリックします。
  4. ダウンロードメニューが表示されますので、一番上のDownload PDFCreatorをクリックします。
  5. ダウンロード先一覧が表示されますので、Ishikawa,Japan Asiaとある、国内の 北陸先端科学技術大学院大学の行のDownloadをクリックします。
    上手くダウンロードできなければ、他のどのダウンロード先でも構いません。
  6. Your download should begin ...というメッセージが入った画面に切り替わり、 暫くするとダウンロードが始まります。




インストール方法

  1. ダウンロードしたファイルをダブルクリックして実行します。
  2. 言語選択ダイアログが表示されますので、Englishを選択します。
    この時のダイアログ内の文字は、文字化けしている場合がありますが、アルファベットは 正しく表示されるはずです。
  3. 選択したら、ボタンの文字は化けていると思いますが、2つあるうちの左側をクリックします。
  4. セットアップ開始メッセージが表示されますので、「Next」をクリックします。
  5. 使用許諾画面が表示されますので、「I accept ...」を選択し、「Next」をクリックします。
  6. StandardとServerのどちらをインストールするかの選択画面が表示されますので、 「Standard installation」を選択し、「Next」をクリックします。
  7. Printer nameの画面では、プリンタ名を「PDFCreator」としたまま「Next」をクリックします。
  8. インストール先選択画面が表示されますので、特に問題ない限りそのまま「Next」をクリックします。
  9. PDFCreator Toolbar紹介画面が表示されますので、「Next」をクリックします。
  10. インストール構成の選択画面が表示されますので、そのまま「Next」をクリックします。
  11. Windowsのスタートメニューのグループ名選択画面が表示されますので、そのまま「Next」をクリックします。
  12. Create a desktop icon(デスクトップのアイコン)、 Create a Quick Launch icon(Windows画面の左下のクイック起動アイコン)、 Associate ...(".ps"の拡張子のファイルを、PDFCreatorに関連付け)、 Create an entry ...(エクスプローラのコンテキストメニュー) を追加するかどうかを好みで選択し、「Next」をクリックします。
  13. Ready to Installとインストール準備完了画面が表示されますので、「Install」を クリックするとインストールが始まります。
  14. 暫くすると、インストール完了画面が表示されますので「Finish」をクリックして完了です。

制約条件


使い方

  1. アプリケーションの「印刷」メニューでプリンタの替わりに「PDFCreator」を選択して印刷します。
  2. 文書情報設定画面が表示されますので、必要に応じて設定します。
  3. 変換したPDFファイルをE-mail送信するのであれば「eMail」を、普通にPDF変換するのであれば 「Save」をクリックします。
  4. 「Save」をクリックすると、変換したPDFファイルの保存ダイアログが表示されますので、 保存する場所とファイル名を指定して「保存」をクリックして完了です。

設定項目