〜 無料・フリーのソフトも盛り沢山で紹介 〜

Primo PDF(プリモPDF)




Primo PDF(プリモPDF)とは

 PDF関連ビジネスを展開している、米国カリフォルニア州の activePDF社がフリーでダウンロード提供しているPDF変換ソフトです。 実行用のファイルは勿論、ソースコードもダウンロードできます。
 AFPL(Aladdin Free Public License)に則っており、 Ghostscriptというartofcode,LLCのPDF表示・印刷ソフトと RedmonというGhostgum Software Pty社のプリンタポートと Ghostscript間の仲介ソフトを使っています。
 日本語版は、エクセルソフト株式会社が提供しています。
 図解入りのダウンロード、インストール、使い方は、PrimoPDFのインストールから使い方までのページを参照ください。


必要環境

OS :Windows 2000/XP/Vista
空きHDD容量:30MB
その他:Microsoft .NET Framework 2.0以上


ダウンロード方法

  1. エクセルソフト社のPrimo PDFのページに行きます。
  2. 画面左下付近の「PrimoPDFのダウンロードはこちら」のボタンをクリックします。
  3. ダウンロードページが表示されますので、前項のボタンと同じ位置にある「PrimoPDF x.xのダウンロード」のボタンをクリックして、ダウンロードします。




インストール方法

  1. ダウンロードしたファイルをダブルクリックして実行します。
  2. ようこその画面が表示されますので、「次へ」をクリックします。
  3. 使用許諾画面が表示されますので、内容を確認の上、 「本使用許諾契約の条件に同意します」を選択し、「次へ」をクリックします。
  4. インストール先指定画面が表示されますので、特に問題ない限り、そのまま「次へ」を クリックします。
  5. インストール準備完了画面が表示されますので、そのまま「次へ」をクリックします。
  6. .NET Framework 2.0がインストールされていない場合、のインストール開始画面が 表示されますので、「次へ」をクリックします。 (インストール済みの場合は、PrimoPDFのインストールが始まります。)
  7. .NET Frameworkのダウンロードが始まりますので、暫く待ちます。
  8. .NET Frameworkのセットアップ開始画面が表示されますので、「次へ」をクリックします。
  9. .NET Frameworkの仕様許諾画面が表示されますので、内容を確認の上、 「同意する」にチェックを入れ、「インストール」をクリックします。
  10. .NET Frameworkのセットアップ完了画面が表示されますので、「完了」をクリックします。
  11. 自動的に、PrimoPDFのインストールが始まります。
  12. ユーザ情報登録画面が表示されますので、必要に応じて入力し、「次へ」をクリックします。
  13. インストール完了画面が表示されますので、「完了」をクリックします。
  14. Windowsの、プリンタの設定画面を表示させ、プリンタ群の中にあるPrimoPDFをダブルクリックします。
  15. PrimoPDFの画面が表示されますので、メニューバーの「プリンター」−「印刷設定」を選択します。
  16. レイアウトタブの詳細設定で詳細オプションを表示し、 PostScript オプションの中のTrue Type フォントダウンロードオプションを 「アウトライン」にして、「OK」をクリックして設定画面を閉じて完了です。

制約条件


使い方

  1. アプリケーションの「印刷」メニューでプリンタの替わりに「PrimoPDF」を選択して印刷します。
  2. PrimoPDFのウインドウが開きますので、必要に応じて解像度(スクリーン/印刷/eBook/プリプレス/カスタムから選択)、文書情報(文書のプロパティ)、パスワードと暗号化(PDFのセキュリティ)、PDFファイル名等を変更します。 変更不要ならそのままで構いません。 PDF変換前のファイル名に日本語が使われていると、注意メッセージが出てPDFファイル名が化けますので注意して下さい。
  3. 「PDFの作成」をクリックすると、PDFファイルが生成されます。

設定項目